XMの新規口座開設の手順【詳しく解説】

XM

XMTrading(XM)口座開設の手順(2021年度版)

Opening an account for the first time

 はじめて海外FX業者の【XM】で口座を開設する手順を解説していきます。

 順番にやっていけば、簡単に口座を開設することができます。

順番に沿ってやれば必ず口座開設できます。

リアル口座登録の1/2ページ

 XMTrading(XM)のリアル口座を登録していきます。口座開設は『無料』です。安心して口座開設できます。

 必ずXMTrading(XM)の公式サイトから口座を開設してください。そうしないと口座開設ボーナスをもらえないことがあります。

 

 パソコンを持たれていない方でも、口座を開設することは可能です。
スマホでも簡単に出来ますが、今回はパソコンでの口座開設方法をご紹介していきます。

私はスマホしかないけど、XMなら口座を開設できるなら便利ですね。
 XMTrading(XM)の公式サイトのトップページです。
 XMTrading(XM)の公式サイトから緑のボタンの『(リアル)口座を開設する』をクリックしたら、個人情報の登録フォームが出てきます。
account opening

リアル口座の登録1/2と出ますので、全て英語のアルファベットのみで記入していきます。

・まずは、お名前と姓の登録です。名前はTaro、姓はKaigai、となります。先頭は大文字のTとKになります。

居住国:こちらは、日本なので「 Japan 」になります。

・希望言語:「 日本語 」 これで日本語表記になります。

電話:「 +818012345678 」 こちらは、最初の0を省略して入力すればいいです。

( ※なお、電話番号を記入されるわけですが、電話番号は登録しても、XMから直接電話がかかってくることはほとんどありませんのでご安心してください。)

・Eメール:「kaigaifx@gmail.com」通常お使いになっているEメールで大丈夫です。ですが、一人に一つのEメールしか使用できません。複数メールアドレス登録は不可です。

 

取引プラットフォームと口座タイプを選ぶ

 

 

 取引口座詳細を記入していきます。

 個人情報を記入したら、今度は取引口座詳細の入力を記入していきます。

 取引プラットフォームと口座のタイプを選び、「ステップ2へ進む」ボタンをクリック。ですが、この取引プラットフォームと口座のタイプをどう選んだらいいでしょうか?

 MT4(MetaTrader4)よりもMT5(MetaTrader 5)のほうが新しく、機能も操作性もアップグレードされていますので、特にこだわりが無ければMT5をおすすめします。

 

  口座タイプは、基本は『スタンダード口座』をチョイスすれば特に問題ありません。

口座タイプは、迷ったらスタンダードタイプが無難ですよ。

まあ、それに1人8個まで保有できるので、他の口座タイプも開設することができるので安心ですね。

XMリアル口座登録2/2ページ

 

リアル口座の登録です。

 「個人情報」欄の名前のフリガナと生年月日を入力していきます。

こちらは、カナ表記で記入していきます。生年月日は、西暦で記入します。例えば昭和38年生まれなら、「1963年」となります。

 

住所の詳細を記入

 

 住所の詳細をローマ字で記入していきます。慣れていないでしょうから捕捉しますと、あなたがお住いの住所をローマ字表記で簡単に書けるサイトを見つけました。これなら簡単です。

住所のローマ字変換」というサイトです。

 郵便番号を入力すれば簡単にあなたの住んでいる住所をローマ字変換してくれます。番地などは捕捉する必要がありますが、それだけで後は完結できます。

 

普段あまり慣れていないローマ字変換をしてくれるサイトは、本当に便利ですよ。

口座の基本通貨などの記入

 口座の基本通貨、最大レバレッジ、口座ボーナスの受け取り可否を選びます。こちらはかなり重要な項目です。間違いのないように記入しましょう。

・取引プラットフォームタイプ:これは先ほどと同じMT5

・口座タイプ:先ほどと同じくスタンダード

になります。

 

こちらは、前に記入した情報と同じにする必要があります。前の記入をそのままに写せばいいですね。

 

・口座の基本通貨:こちらは、取引口座の基本通貨は日本円(JPY)、米ドル(USD)、ユーロ(EUR)のどれかから選ぶことができます。

 通常は日本に住んでいて日本の銀行をお使いの方は、やはり日本円(JPY)を選んでおくのが無難です。あとで追加口座を作る場合に、他の基本通貨を使用することもできます。基本的には、やはり日本円がいいです。

・レバレッジ:レバレッジはやはり888倍を選んでおいたほうがお得です。取引のロットで選べます。なので一応888倍を選んでおきましょう。レバレッジは、口座開設後も自由に変更できます。

 迷ったら最大レバレッジ(888倍 or 500倍)を設定しましょう。

・口座ボーナス「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選びましょう。ボーナスが支給されます。こちらは必ず間違えないようにしましょう。

ボーナスの受け取りは、要チェックです。ここを必ず「はい、ボーナスの受け取りを希望します」をチェックしておきましょう。

投資家情報を入力

Investor information

 

 投資家の情報を入力していきます。こちらはそこまでシビアに回答する必要はないです。審査にも全く影響することもありません。

・投資額(USD):自身がどのくらいの額を口座に振り込むか、おおまかに答えます。
20,000ドル = 約220万円以上を選ぶとレバレッジが最大200倍、100,000ドル = 約1,100万円以上を選ぶと最大100倍に制限されますので、「0 – 20,000」を選ぶのが無難です。

注意する点は、このレバレッジの所だけですね。投資額の項目の個所の記入を「0 – 20,000」を選ぶのが一般的です。
 こちらの項目だけは重要なのでしっかりと記入してください。
後の項目は、順次大まかに記入すればいいです。記入する内容で審査にパスできないことはないです。

パスワードを設定

Password setting

 あなた自身の、任意のパスワードを設定して、リアル口座開設のボタンをクリックして、リアル口座が完成します。

パスワードの設定は、小文字、大文字、数字の3種類の文字を含める必要があります。忘れないように、メモしておいてください。

 

Open a real account

 

口座開設ボタンを押すと「XMでのリアル口座開設、おめでとうございます。」というページが表示され、同時に「Eメールをご確認下さい」というメールが届きます。

 登録されたメールに、メール内の「Eメールアドレスをご確認下さい。」ボタンをクリックしてみてください。

 

 

 クリックしメールアドレスの認証が完了すると、「XMTradingへようこそ」というメールが届きます。これはXMを始めるための大事な情報が入っています。

 メール内に記載されているMT4 / MT5の口座IDと取引サーバー名を必ずメモしましょう。

 

これで、XMの口座を開設することができたのですね。良かった!

いえいえ、ちょっと待ってください。まだこれだけでは口座を利用することはできないです。有効化する手続きをして初めて取引ができます。

有効化してはじめて、XMの口座開設が完了するのよ。
 今度は、有効化する手続きをします。

XMTrading(XM)口座有効化手順【解説】

 XM口座を有効化するために、本人確認書類と住所確認書類を提出する必要があります。

 まず、XM会員・マイページを開き、登録時に自分が設定したパスワードとメールに送信されたMT4/MT5 IDを利用し、ログインします。

XM会員ページにログインすると、まだ有効化されてない口座は下記の通知が表示されます。「こちらより口座を有効化する」をクリックすることで有効化できます。

 

 

とその前に、事前に本人確認書類を用意しておいたほうがスムーズです。

 有効化する場合は、本人確認書類が必要になります。

XM本人・住所確認書類提出

書類は2種類必要になります。『身分証明書類』と『住所確認書類』です。

身分証明書類
    • パスポート

    • 運転免許証

    • マイナンバーカード

 身分証明書は、上記のうちのいずれか一つでいいです。

(※ ただし、フルカラーで顔写真が入っているものを提出です。文字と顔写真が鮮明ならデジカメでも、スマホでもスキャナーで読み込んだものでもいいです。)

 

住所確認書類
    • 公共料金の請求書(名前と住所が書かれている部分、6か月以内のもの)

    • 健康保険証

    • 住民票(6か月以内のもの)

 以下のうちのものを一つを提出します。必ず『カラー』のものです。

身分証明書、住所確認書どちらも一つづつ、アップロードします。最後に「書類をアップロードする」ボタンをクリックします。

 

 書類をアップロードすると、証明書類アップロード完了通知の画面が出ます。平日の3日ほどで口座の有効化の通知が参ります。

これでXMの有効手続きが完了しました。